のんびり人生

アクセスカウンタ

zoom RSS 馬頭星雲再び

<<   作成日時 : 2016/12/13 11:32   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

私の天体写真の撮影スタイルは、GP赤道儀に撮影機材を載せ、撮影対象を導入したら、あとは、赤道儀任せのノータッチガイドで枚数を稼ぐという方法です。

また、撮影用のカメラはオリンパス(マイクロフォーサーズ規格)を使っています。従って、いつもつ使っている71FL(約300mm、F4)であれば、その倍約600mm相当の撮影となります。

極軸合わせをきちんと行っていれば、120秒間のノータッチでも、GP君のご機嫌が悪くなければ10枚中8〜9枚は、ほぼOK!の結果を残すことができます。

かつて、いつもの倍の240秒間のノータッチにも挑戦してみたことがあるのですが、歩留まりがあまりにも・・・ということで諦めることにしました。

では、真ん中をとって180秒では?ということも考えられるのですが、180秒だとカメラの設定上、(オリンパスカメラのTIMEリミッターの設定時間は、1分・2分ときて、次が4分・8分・・・という設定のため、3分だど、手動で・・・ということになってしまう)手動でシャッターポタンを切らなくてはいけないため、これも面倒だしな〜ということで、120秒に落ち着いたということです。

リモートケーブルを使うという手もあるにはあるのですが、私の場合はGP赤道儀の上に常時2〜3台のカメラを載せているので、これを使っていると、ケーフルが何本もブラブラして、ちょっとでも風が強かったりすれば、その振動で写真がブレテしまうこともあるため使っていません。

では、最初のシャッターはどうするの?という疑問もあるかと思いますが、これだけは手動で行います。4秒〜8秒の低振動モードに設定すれば、複数台のカメラがあっても大丈夫です。


前置きがたいへん長くなってしまいましたが、ということで、今回12月4日朝霧高原で撮影した(120秒×20枚)画像を使って編集したものがこちらです。

画像
(画像は拡大トリミングしています)

こちらは昨年、ミニボーグ45で撮影したものです。
120秒×8枚の画像を使って編集してします。
画像
(こちらも画像は拡大トリミングをしています)


71FLのF4という明るいレンズと(青ハロは別問題として)約倍以上の撮影時間をかけているので、前回よりも、お馬さんの顔と輪郭がより整ってきたようです。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村






     

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
馬頭星雲再び のんびり人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる